Twitterで話題の「1年で1ページだけ進むマンガの世界」がおもしろい

キドジロウ先生がTwitterで連載しているマンガが話題です。

タイトルは「1年で1ページだけ進むマンガの世界」。タイトルの通り、1年に1回1ページのみがTwitterに掲載されるマンガです。

掲載が開始されたのは2019年2月でした。

スポンサーリンク

2019年:1ページ目

マンガの中で、「ようこそ ここは1年で1ページだけ進むマンガの世界だ」と設定をそのまま言っちゃっています。

「企画倒れ感が半端ない」と主人公も言っていますが、1万いいねを獲得しています。

スポンサーリンク

2020年:2ページ目

物語は進展せず会話だけで終了します。会話には「令和」や「100日後に死ぬワニ」など、当時話題だった内容を盛り込んでいます。

2020年:3ページ目

なぜか主人公がいきなりボロボロに。「テコ入れ」が行われました。「連載も限界」と言われてしまいますが、もう少し続きそうです。

1年後をお楽しみに

Twitterならではのおもしろい企画です。ページが進むにつれて読者のリアクションも増えているので、まだまだ注目を集めそうです!(その分、作者のプレッシャーは凄いでしょうが…。)

1年後を楽しみにしましょう!

作者の連載作品

作者のキドジロウ先生は、「となりのヤングジャンプ」で『嫌な顔されながらおパンツ見せてもらいたい』という作品を連載されています。

メイドのパンツを見ることに情熱を注ぐ、お色気コメディマンガです。

タイトルとURLをコピーしました