『BEASTARS』まだら模様な残酷な世界で一歩踏み出す勇気を与えてくれる作品

自分以外はすべて他人。そんな当たり前だけど過酷な世界を、愛おしく心に響く物語で描ききった名作が『BEASTARS』です。

肉食獣と草食獣という決定的に異なる種族が一緒に住む社会。主人公のレゴシは、種族の間にある大きな溝に体当たりで飛び込んでいきます。

社会の矛盾にあきらめをつけ、受け入れてくことが、大人になることだとみんな思っている。そんな周囲に溶け込まず、レゴシは目の前の問題に向き合い続けました。たとえ、自分の身体と心が傷つこうとも。

傷つき、もがき苦しみ、叫びながら、まっすぐ進み続けるレゴシ。彼の姿は、世界を肯定する勇気を私たちに与えてくれます。

タイトルとURLをコピーしました