猫を飼っている漫画家を調べてみました

漫画家の方々のTwitterを見ていると、猫の画像がよくアップされます。漫画家はペットが飼いやすい職業だと思うのですが、実際どんな方々が猫を飼っているのでしょうか?

猫を飼っている漫画家の方々を調べてみました。

スポンサーリンク

横槍メンゴ先生

猫アカウントも作成されています。

横槍メンゴ先生の作品

様々な賞にノミネートされている話題作です。ネタバレせずにまずは読んでほしいです。

スポンサーリンク

松本ひで吉先生

松本ひで吉先生の作品

犬も飼育されており、犬と猫との日常を描いたマンガが、『犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい』です。

とにかく笑えて、癒されます。

nifuni先生

日常用のアカウントをお持ちなのですが、こちらのアカウントはほぼ猫アカウントとなっています。

nifuni先生の作品

天才と天才になれなかった凡人のお話。仕事の活力を高めてくれる作品です。

NON先生

こちらの猫以外にもたくさんの猫を飼われています。

NON先生の作品

上中下巻の3巻完結の作品です。艶っぽい狂気を感じる作品です。2020年一押しの作品です。

カメントツ先生

カメントツ先生も数頭飼いされているようで、頻繁に写真をアップしてくれています。

カメントツ先生の作品

Twitterで大きな反響を得た人気作品です。可愛すぎてとっても癒されます。

蛇蔵先生

拾った子猫の成長日記をTwitterに毎日アップされています。

蛇蔵先生の作品

神様からのオーダーを受けて、動物をデザインするという斬新な設定のマンガです。笑えるし、勉強にもなります。

洋介犬

こちらの猫ちゃん以外にも、数頭飼われているようです。

洋介犬先生の作品

マンガサイト「GANMA!」で連載されていて、サイト内のランキングで上位に位置し続けている人気作品です。

読んでいる時に自分の常識が狂いだしてくる感じが最高に気持ちいいです。


猫を飼っている漫画家の先生をご紹介しました。他にもたくさんの方がいるはずなので、わかりしだい追記していきます!

タイトルとURLをコピーしました