『チェンソーマン』のゲロシーンについて考察してみる

『チェンソーマン』には何度もゲロ(嘔吐)のシーンが出てきます。象徴的なのはこちらのシーンですね。

このゲロキッスシーン以外にも、デンジやアキ、コベニがゲロをする描写も描かれます。数えたところ7回登場しました。本作において特徴的なゲロ描写。その意味について考えていきます。

スポンサーリンク

恐怖の体感

本作に根底にあるテーマは「恐怖の体感」だと思っています。なんだかわからないんだけれど、怖い。そんな言葉にならない恐怖を味あわせてくれます。

その象徴がゲロです。

マンガって目で見て、頭の中で論理的に解釈して、内容を理解するコンテンツです。ただ、このシーンは違います。

見た瞬間に喉の奥からすっぱいものがこみ上げてきます。頭で理解する前に、身体が拒絶反応してしまいます。

言葉にできない拒絶反応、これこそチェンソーマンが描く恐怖なんだと思います。

ちなみにこのシーンは、もともと「ベロいれたキッスしてあげる」というセリフを受けての描写です。「ベロいれたキッス」が「ゲロいれたキッス」になってしまったという、ぶっ飛んだギャグです。

スポンサーリンク

共感とカタルシス

さらにはゲロシーンには、カタルシス的な効果もあると思っています。

『チェンソーマン』は、ハチャメチャな展開なので、読んでいるときに何度も「え?何が起こってんの?もうわけわかんない!」と頭が混乱します。

そんなときに作中で吐いている人を観ると、

「あ、よかった。ついていけていないの自分だけじゃないんだ。この場に居合わせた人さえついていけないんだよな。」

と、ちょっと安心できるんです。ゲロのシーンがあることで、読者はやっと共感ポイントを見つけることができる。もやもやした恐怖を吐き出させてくれたことで、カタルシスさえ感じてしまいます。

ゲロ描写に注目してみよう!

この記事の筆者のカウントによると、『チェンソーマン』には7回ゲロシーンが出てきます。シーンを見つけてそれぞれの意味を考えてみると興味深いです。ぜひゲロシーンを探してみてください。

タイトルとURLをコピーしました