漫画編集者インタビューまとめ〜集英社編〜

漫画家の先生はメディアに出ない方が多いので、作者のかわりに担当の編集者がインタビューを受けることがよくあります。

そのインタビューで語られる創作秘話や仕事術は、とても興味深く、普段の仕事にも活かせる内容が多いです。そこで、漫画編集者のインタビュー記事をまとめていきます。

数が多いので、この記事では集英社の編集者へのインタビューをご紹介していきます。

スポンサーリンク

林士平(りんしへい)さん

担当作品

「アル」でのインタビュー

集英社の林さんに聞く、編集者から見た今の時代の作品の作り方 | アル
「インターネットやSNSの時代に、どういった作品を描けばいいのか分からない」しばしば漫画家さんがこぼす悩みです。スマホがあればYouTubeでいつでも映像コンテンツを観れるし、ソーシャルゲームで暇つ

SNS時代において、「面白さはものすごいスピードで変わってる」としながら、その面白さを捉え続けるコツを語っています。

また、誰もが作品を気軽に発信できる時代において、編集者に求められることとは?という質問に対して、ハッキリと役割を言語化されています。

「リアルサウンド」でのインタビュー

『SPY×FAMILY』『チェンソーマン』編集者が語る、新しい才能への期待 「何かひとつでも光るところがあればいい」
『SPY×FAMILY』(遠藤達哉・著)、『地獄楽』(賀来ゆうじ・著)、『怪獣8号』(松本直也・著)など、次々と話題作を世に送り出している漫画誌アプリ「少年ジャンプ+」が、「次世代のスター漫画家」を発掘するために創設した新漫画賞「MILLION TAG」(ミリオンタッグ)。 同賞は、選考を経て選ば…

インタビュー前半では、集英社の志望動機からこれまでの経歴、今注目している作品など、パーソナルな質問があって興味深いです。後半では、『チェンソーマン』や『SPY×FAMILY』の創作秘話やヒットの秘訣を語っています。

「MEDERY.」でのインタビュー

【青の祓魔師】『ジャンプスクエア』編集者が証言!大ヒット漫画の舞台裏 - Medery.
連載開始からわずか3年で初版部数が約7倍に跳ね上がり、単行本のシリーズ累計部数1000万部(1巻-10巻)を達成。アニメ化、小説化、ゲーム化、舞台化、劇場版アニメ化と多彩に展開し、いま最も躍進しているマンガ——『青の祓魔師(エクソシスト)』。この作品を担当している、『ジャンプSQ.(ジャンプスクエア)』編集者の林士平さ...

2012年に『青の祓魔師(エクソシスト)』のヒットを受けて実施されたインタビュー。まだ若いときの林士平さんの写真が見られます。苦労をしながら作品を作り上げていった経緯が詳しく語られています。

スポンサーリンク

細野修平(ほそのしゅうへい)さん

担当作品

「アル」でのインタビュー

少年ジャンプ+で読み切りが次々バズる理由を編集長に聞いてみた | アル
『SPY×FAMILY』や『怪獣8号』を筆頭に、すごい勢いでヒット作を生んでいる「少年ジャンプ+」(以下、ジャンプ+)。最近、Twitterやはてなブックマークといったサイトを見ていると、上述した連

「ジャンプ+」が話題作を頻繁に生み出せるようになった経緯を語られています。ジャンプ+の哲学からサイト設計まで、ヒットする仕掛けがジャンプ+には数多く仕組まれていたのでした。

「Impress Watch」でのインタビュー

目標は鬼滅超え。大ヒットを生み出す「少年ジャンプ+」 SPY×FAMILY・怪獣8号
コミック単行本が6巻で累計800万部を突破、別の作品は第2巻の発売と同時に累計100万部を突破――これらはアニメ化された話題作の話ではなく、スマホアプリ「少年ジャンプ+」に連載されている“未アニメ化”作品で起きていることだ。これら人気オリジナル作品は、紙の単行本を待つまでもなく、各話が掲載されると瞬く間に閲覧数が100...

『SPY×FAMILY』と『怪獣8号』のヒットにはそれぞれ違った背景があったと語っています。ジャンプ+のこれまでを詳しく知れるインタビュー記事です。

「エンジニアtype」でのインタビュー

『少年ジャンプ』がエンジニアとつくりたい未来とは?集英社『マンガテック2020』仕掛け人に聞く - エンジニアtype | 転職type
集英社・ジャンプ編集部が、スタートアップを対象に新しいマンガビジネスのアイデアを広く募集する『集英社 アクセラレータプログラムマンガテック2020』の開催を決定。彼らがエンジニアに寄せる期待とは何なのか。『マンガテック2020』の仕掛け人、マンガ誌アプリ『少年ジャンプ+』編集長の細野修平さんと副編集長の籾山悠太さんをに...

エンジニア向けのサイトで、スタートアップを対象にしたビジネスコンテスト「マンガテック2020」に関するインタビュー記事です。

デジタル化が進んでいく中での、マンガのあり方、挑戦していくべき方向を語られています。IT業界の方におすすめの記事です。

大熊八甲(おおくまはっこう)さん

担当作品

「ほぼ日の塾」でのインタビュー

「面白い」のために全力をつくす。漫画編集者・大熊八甲インタビュー
「面白い」のために全力をつくす――漫画編集者・大熊八甲インタビュー。『ワンパンマン』『干物妹!うまるちゃん』『ゴールデンカムイ』等のヒット作を手がける編集者に、仕事の「秘密」をききました。

編集者の仕事を「面白い漫画を作る仕事」と断言する大熊氏。そのために、自分がやるべきことを徹底して言語化されていました。意見を伝える際に「編集スイッチ」と「読者スイッチ」を使い分けている話が印象的。視点の切り替えはどんな仕事にも応用できそうです。

「アル」でのインタビュー

『ゴールデンカムイ』のヒットは、緻密に仕組まれていた?担当編集者が明かす「マンガの面白さ」の正体 | アル
「インターネットやSNSの時代に、どういった作品を描けばいいのか分からない」しばしば漫画家さんがこぼす悩みです。スマホがあればYouTubeでいつでも映像コンテンツを観れるし、ソーシャルゲームで暇つ

数多くのヒット作を生み出してきた秘訣を語ってくれたインタビュー。「ノーストレスな作品」や「“欲求の市場”がどれだけ大きいか」など独自な単語で現代に求められるコンテンツを分析しています。

「ねとらぼ」でのインタビュー

編集者は漫画家を助ける“壁”――『恋は雨上がりのように』作者が最新作『九龍ジェネリックロマンス』を作るまで
東洋の魔窟・九龍城砦の日常を丁寧に描いた作品です。

『九龍ジェネリックロマンス』1巻発売時のインタビュー。作者の眉月じゅんさんと一緒にインタビューを受けています。

作品が生み出された経緯を詳しく語られています。

今後も追記していきます

まだまだ編集者のインタビューはたくさんありますが、とくに興味深かった記事をご紹介してきました。この記事は、おもしろいインタビュー記事を見つけ次第アップデートしていきます。

タイトルとURLをコピーしました