『わたしが恋人になれるわけないじゃん、ムリムリ!(※ムリじゃなかった!?)』タイトルの妙が素晴らしい百合マンガ

集英社の『わたしが恋人になれるわけないじゃん、ムリムリ!(※ムリじゃなかった!?)』(通称『わたなれ』)をラノベ版とコミック版どちらも読みました。

集英社のライトノベルレーベル「ダッシュエックス文庫」から2020年2月に出版されて、その年の10月にヤングジャンプからコミカライズ化された作品です。

表紙を見ても分かる通り、本作は百合もの。女子高生4人を中心に、尊く純粋な関係性がコメディタッチで描かれます。

スポンサーリンク

スパースターの美少女がわたしに急接近?

本作の主人公は甘織れな子。高校デビューを目指した彼女は、なんとか陽キャなグループに属すことができました。しかし、もともと陰キャな性格のため、疲れてばかり。

そんなときに同じグループで高校のスーパースター、王塚真唯と意気投合します。彼女は高校一の美女であり、モデルとしても活躍する超絶ヒロイン。グループの中では自信満々な「俺様キャラ」でした。

とあることがきっかけで親友となれた2人。しかし、真唯はれな子に対して突然「君に恋をしてしまったんだ…」

まさかの告白!親友関係でいたいれな子。恋人関係になりたい真唯。

恋人か親友、ふさわしい関係はどちらか!

スポンサーリンク

恋人か?親友か?そのせめぎあいにムズキュン

本作の魅力の一つは、真唯に翻弄されるれな子の可愛らしさです。

れな子は真唯と親友になりたいだけなのに、「俺様キャラ」の真唯は、恋人関係になろうと猛烈なアプローチをします。デートに誘い、口づけをし、さらにはベッドシーンまで。

「ま、待って!ここ学校だからね!?卑猥なことしたら、神聖な学び舎を汚すことになっちゃうから、そういうのぜったいにだめだからね!」
「つまり、神聖な行為ならいいと?」
「『行為』がだめ!」

引用:『わたしが恋人になれるわけないじゃん、ムリムリ!(※ムリじゃなかった!?)』215ページより

慌てふためくれな子のリアクションが可愛らしく、ツッコミのセリフも秀逸で笑ってしまいます。

百合マンガ初心者におすすめ

百合ものにはあまり手を出していなかったのですが、この作品を読んですごく興味を持ちました。

通常のラブコメは、鈍感な男子主人公にたまにイライラしてしまうことがあったのですが、百合ものならそのストレスも不思議と感じないんですよね。しかも、可愛らしい女の子が出続けるので、ただただ癒やされます。

「百合ものってなんだかいいなぁ」と思わされた作品でした。ラノベ版もマンガ版もどっちもおすすめです。

原作のみかみてれん先生について

原作の作者はみかみてれん先生。

前作では『女同士とかありえないでしょと言い張る女の子を、百日間で徹底的に落とす百合のお話』という百合ラノベをGA文庫から出版されています。

今回が2作目の百合ものです。さらに、百合もの3作目として『百合に挟まれてる女って、罪ですか?』という作品を出版されています。

百合ラノベ界で注目の作者の方なんですね!

タイトルとURLをコピーしました